FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中小企業家同友会の例会より

こんにちは。ご無沙汰です。

先週末に、中小企業家同友会さんの例会がありました。
例会ではいつも、前半に一人の経営者の方が自社のことについて発表され、後半は、発表の中のメインテーマについて、グループ討論をするというのが常です。

この日の発表者は、岩出市に美容室3店舗を経営されている株式会社シマの嶋田社長で、メインテーマは「経営者になるということは」でした。

ついつい自分でハサミを持ちたがる、でも、ハサミを手放したときに会社が伸びた・・・といったようなお話や、自分の心の中にあるおごりや不信などが会社経営に直結しているなど、ご自分の体験について話されました。

とてもいいお話の連続でしたが、勝手ながら私の印象に残った言葉を1つだけ紹介します。

人や会社が成長しようとするときに、次の3点がその成長を阻む要素になります。

1 損得にやられる

「これをやってあげたら、自分は損になる」と思うこと。

2 勝ち負けにやられる
「自分の方が優れている」と思いたいこと。

3 裏切りにやられる
「信頼して育てたのに、辞められた」など。

この3つはすべて相手ではなく、自分の心の持ち方を変えるだけで克服できます。自分にやられないように、今日もがんばって行きましょうね。
スポンサーサイト

テーマ : 前向きにとらえましょう
ジャンル : ビジネス

第1050回「忘れ物、よくするほうですか?」

はずかしながら、私も、忘れ物の常習犯です。

お店を出るときに呼び止められることショッチュウです。

家に忘れ物をして、仕事に行くなんて当たり前。

自分が今、何をしていたのかも忘れてしまったり・・・。危ないですよね。

そんな自分に、いろいろと考えさせられるのです。

「こんなに忘れん坊さんなのに、忘れないこともあるってことは、それは自分にとって余程、重要なことなんだろう。それって、どんな種類のことかしら? 気をつけて自分を観察してみよう!」とか・・・

「自分だってこんなに忘れるんだから、自分よりお年の方はもっと努力しているんだろうなぁ」とか・・・

前よりも寛容になった自分が見つけらたりして・・・忘れ物からも人生を学んでます 

テーマ : 前向きにとらえましょう
ジャンル : ビジネス

「心配」と「疑い」

おはようございます。

昨日は小学校2年生の息子の運動会でした。おかげさ
まで、これ以上望めないほどの絶好の運動会日和に
恵まれ、楽しく声援させて頂きました。

高学年の組体操、中学年以上のリレーなどは、わが
子には関係がないのですが、しかも、ほとんどが知ら
ない子たちなのですが、それでも、子どもたちが一生
懸命取り組む姿は美しくて、感動の涙が出ました。今
から、来年を楽しみにしています。

さて、その前日の土曜日には、「薬物」についてのお
母さん向けの講演会があり、参加させて頂きました。

その最後で「心配」と「疑い」は紙一重だというお話を
頂きました。かいつまんでご説明させて頂きますと・・・。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

薬物から立ち直ろうとしている子がいるとします。

その子のために、いろいろと親が「心配」してあげる
場合があります。               (1)

親自身が自分の世間体などを「心配」する場合があり
ます。                      (2)

(2)の場合、親は子を疑うようになります。

子はそれを敏感に感じ取り、更生も難しくなります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これは、会社とお客さまの関係にも当てはまるように
思います。

・会社はだれのために商品・サービスを提供している
 のか? 

・会社の売上は、だれのためか?

「お客さま・地域・社会のために(利他)」が根底に
あっての会社なのかどうか、お客さまは敏感に感じ取
るのだということです。

毎日が「利他」への修業! 積み重ねたいですね。

テーマ : 組織の人材育成
ジャンル : ビジネス

つもりちがい10か条

おはようございます。今日は雨のおかげで、しのぎやすい
朝でしたね。(植物を思うと)そろそろ雨が降って欲しい
なぁと思っていたところ、本当にありがたいことです。

さて、「腰痛から学んだこと」のブログ記事の中で、行きつけ
の整骨院さんで見つけた名言を1つご紹介しましたが、今日は
もう1つをご紹介しますね。こちらの名言も、示唆に富んでいる
と思います。 

---------------------------------------------------
「つもりちがい10カ条」

高いつもりで低いのが教養 低いつもりで高いのが気位

深いつもりで浅いのが知識 浅いつもりで深いのが欲望

厚いつもりで薄いのが人情 薄いつもりで厚いのが面皮

強いつもりで弱いのが根性 弱いつもりで強いのが自我

多いつもりで少ないのが分別 少ないつもりで多いのが無駄

そのつもりでがんばりましょう。
---------------------------------------------------

本当だなぁ、気を付けようと思いながら、今日も一日がんばります!

テーマ : 成功する為に必要な事
ジャンル : ビジネス

腰痛から学んだこと

おはようございます。
大雨ですが、  みなさんのところは大丈夫でしょうか?

さて、今日の私は、昨日と比べて少しだけ調子が悪いです。
何の調子かというと「腰」なのです。 

実は、7月3日に急に腰が痛くなって立てなくなりました。
今まで腰痛とは無縁でしたので、何が起こっているのかよく
わからず、その翌日に救急病院で見て頂くことにしました。
レントゲンを撮って診察して頂くと、「もう年なので、治る
ことはない」と言われました。痛み止めのお薬と湿布を頂き
ましたが、絶望的な気持ちになりました。 

その後、何とか治らないものかと思い、お友だちに紹介して
頂いたある整骨院さんへ行き始めました。その先生は、気功・
カイロ・整体・・・いろいろして下さいます。おかげさまで、
初日の痛みが「10」だとすると、10日たった今は「3」くらい
まで減りました。本当にありがたいです。そして、先生が「ま
だ若いから、完治するよ」と言って下さいました。私には希望
が見え、勇気がでました。 

教訓その1:私の一言が人に「希望」又は「絶望」を与えるこ
      とができるのなら、「希望」を与える人になりたい。


整骨院さんに通っていると、足の付根(股関節)、骨盤、指と腕、
片、足はほぐしてくれますが、肝心の腰にはあまり触りません。
しかも、足の裏を押してくれているときに、首の筋がつりそうに
なります。指をほぐしてくれているときに、腰が引っ張られるの
です。「体ってつながっているんだなぁ」ということが、今回の
痛みのおかげで実感としてよくわかりました。

教訓その2:問題があるとき、その原因は直接的であるとは限
      らない。全体像をとらえて、あるべき姿を把握し
      て、問題との関連性から真の原因を見つけられる
      ようになること。


最後に、その整骨院さんで飾っているいくつかの言葉がありますが、
その一つを紹介します。

  考えが変れば
           行動がかわる
  行動が変れば
           習慣がかわる
  習慣が変れば
           生活がかわる
  生活が変れば
           人格がかわる
  人格が変れば
           運命がかわる
  運命が変れば
           人生がかわる

日々、自分を変えるための「小さな努力」を積み重ねて、
豊かな人生を お互い送りましょうね。 

テーマ : 企業経営
ジャンル : ビジネス

名言

地球の名言 -名言集-

プロフィール

岡会計です

Author:岡会計です
創業46年、和歌山市の「会計・税理士事務所」です。

御社の成長・発展のために「力になりたい!」と思っている社員ばかり。記帳・会計、資金繰り、労務(人材育成)、税務、許可関係、経営・マーケティングなど、お気軽にご相談下さい。

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。